さんデールのDisneyにっき。

アクセスカウンタ

zoom RSS カールじいさんの空飛ぶ家

<<   作成日時 : 2009/12/11 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は休みだったから「カールじいさんの空飛ぶ家」を見た。

ストーリーは冒険が好きな少年カールは、
同じく冒険が好きな少女エリーと出会う。
エリーは冒険ブックに「いつか私がやること」として、冒険家になって
「伝説の場所・パラダイスフォールに行くこと」を書いていて、
「いつか絶対に連れてってね」と2人で夢を誓い合う。
大人になって2人は結婚。楽しい時間もたくさん過ごして来たが
エリーが亡くなり、カールは一人残されてしまう。
そしてカールは果たせなかった約束を果たすため、
エリーとの思い出の家に風船をつけて、冒険へと旅立つ。

この先ストーリーについて書くので、映画見たい方は読まないで欲しいんですが、
いやぁ〜良かったです。面白かったです
感動もしました。うっすら泣きました。最初10分くらいの所でもう泣けるんですよ
冒頭10分くらいで、カールとエリーが出会って、結婚して、
エリーが亡くなるまでを描いてるんだけど、
結婚してから亡くなるまで楽しいこと、辛いこと、悲しいこと、いろいろあって
そこをセリフなしで映像だけで見せてるんだけど
セリフがないのに二人の気持ちや思い、愛情がすごい伝わってくるし、
見ててほのぼのするんですよね。あったかい気持ちになるというか
で、エリーが亡くなって、一気に感動が込み上げてくる。
途中でもカールがエリーの冒険ブックを見てて、「いつか私がやること」って書いた
ページの先には、カールとの思い出の写真がたくさん貼ってあって。
そこも写真見てるだけなんだけど、すごく良くて。
思い出のシーンはそんなに長くはないんだけど、
気持ち・愛情がすごい伝わってきた分、感動してうっすら泣いてしまった

冒険に旅立って、色々ありつつ、意外と早くパラダイスフォールに着くんですよ。
私は勝手な想像で、パラダイスフォールに着くまでに色々あって
最後にやっとたどり着いた的な話だと思ってたから
「えっ、もう着いたの?」って思っちゃったんですけど
着いてからそこで色々あって。
見ててこうなんだろうなってわかる所もありつつ、
この後どうなるんだろうって所もあって、少しハラハラしながら見入ってしまった。

カールじいさんは頑固なんだけど、何かかわいらしいんですよね
最後にはカールじいさんも優しくなっていくし。
何より、エリーのことがホントに大好きで
初めてエリーに会った時にもらった、瓶のふたで作ったバッジをずっとつけてるし
エリーとの思い出の家を何としても守ろうとしたり。
口数は少ないんだけど、実は愛情溢れる人だなって思ったし、
思い出のシーンを見てて、とっても素敵な夫婦だなぁって思った

いやぁ〜良かったな、ホントに
そういえば予告で私の大好きな「トイストーリー」の予告やってた。
来年の7月に「トイストーリー3」がやるらしい。
見なきゃなんだけど、予告見て気になったことが一つ。
ウッディとバズの声が唐沢さんと所さんじゃなかった・・・
予告だから?それとも本編もこのまま?
バズの声は所さんだから良いのに。
所さんじゃなきゃ、イヤだっ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カールじいさんの空飛ぶ家 さんデールのDisneyにっき。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる